ハルの気まぐれ日記

個人的な日記から真面目な攻略まで

由伸監督は被害者なのではないかと思うこの頃

初めての野球関連の記事だが、はっきり言って今の巨人は弱いし、同じピッチャーに何度も負けるのはコーチも選手も力量が足りないという事だろう。

 

由伸ジャイアンツになってから、数々のワースト記録が打ち立てられどんどん下降する順位に、現場のトップである由伸監督へ責任を追及する声が上がっているが、本当にそれで良いのだろうか?

 

僕は由伸監督はある意味 "被害者"だと思う。

現役続行を希望しながら、巨人の伝統である監督は純血主義の為に引退して、賭博問題も取り沙汰される中監督に就任した。

 

2016巨人の主戦力は高齢化を迎え、世代交代が絶対の難しい変革期をいきなり任され、若手がいないベテラン頼り、スターがいないと言われながら、今年は若手も台頭し、岡本和真という未来のスターを嘱望される逸材も出てきていて

世代交代の真っ只中だ。

 

新しい監督になって三年目になりやっと世代交代が始まったのにも関わらず、渋々受け入れた監督の中で新生由伸ジャイアンツが作られている中で、結果が出ないだけで "由伸辞めろ"というのは時期尚早では無いかと思うし、可哀想だなとも思う。

 

しかし、采配は基本ヘッドコーチの様で、由伸自身も下手な方だと思われるので、有能なヘッドコーチと投手コーチが隣にいる事は必須だとは思う。 

 

それに加えて、先発や内野手は若手も台頭しながら中堅やベテランも活躍しているが、外野は期待できる若手はいるものの、中堅層が薄い為

ベテランと若手しかいない極端な状況にある。

また、リリーフ陣は中川や池田や谷岡、鍬原などには期待がかかるが、焼け野原である事は変わらないので、中堅の外野手と即戦力リリーフは補強ポイントの一つであるなと思う。

 

最後にまとめると、まだまだ途上であるが由伸ジャイアンツを数年はまだ観てみたいなと個人的に思っているし、CS進出の可能性が無くなった訳では無いので、最後まで諦めずに頑張って頂きたいなと思っている。

 

f:id:haru05029:20180920102434j:image